医療法人 星陵会 保土ヶ谷駅ビル歯科 045-337-1512
menu

矯正歯科


矯正歯科とは

矯正歯科とは

顔の印象は、口元の状態によって大きく左右されます。口元に自信がないために、歯を見せて思いっきり笑うことができない、なんてことはありませんか?
矯正歯科では、出っ歯やすきっ歯、受け口などの不自然な歯並びや噛み合わせを改善することで、健康的で美しい口元を追求します。

また、歯並びを改善することは、ただ見た目をよくするだけでなく、歯磨きをしやすくし、口の健康が保ちやすくなります。さらに、歯並びや噛み合わせの乱れが原因となっていた顎関節症や肩こり、頭痛が解消されるなど、全身にもよい影響を与えます。

矯正治療のメリット

整った歯列が顔の印象をよくする
コンプレックスが解消され、思いっきり笑える
歯磨きがしやすくなり、虫歯などの病気にかかりにくくなる
噛み合わせが改善することで、よく噛んで食べられるようになる
不正な噛み合わせが原因の顎関節症や肩こりが解消される

当院では、写真やイラストなどを使ってあなたに合った矯正治療について分かりやすくご説明させていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。

成人矯正

成人矯正

長い間歯並びで悩んでいるにも関わらず、「矯正は子どものときにするもの」「もう歯を動かすのが難しいのでは」と、あきらめてしまってはいませんか? 矯正治療は子どものときに限らず、健康な歯と顎骨があればいつでも始めることができます。また、成人の場合は歯の成長が完了しているため治療計画が立てやすく、治療中のケアや通院も目標のために高い意識をもって取り組んでいただけるため、より円滑に治療を行なうことができます。 成人治療では、患者さまの歯並びの状態や予算、ご要望、ライフスタイルに合わせた方法で、噛み合わせを考慮しながら治療をすすめていきます。

小児矯正

小児矯正

子どもの時期から矯正治療を行なうことのメリットは、顎の成長をコントロールしながら治療を行なうことで、できるだけ歯を抜かずにきれいな歯列をつくることができる点です。 また、歯並びを整えることでコンプレックスを解消し、お子さまの健やかな精神発達に役立ちます。さらに歯磨きがしやすくなることで、虫歯を予防することもできます。 なお、小児矯正を始める適齢期は、お子さまの歯と口の状態によってお一人おひとり異なります。お子さまの歯並びで気になることがあれば、ぜひお早めにご相談ください。

非抜歯矯正

非抜歯矯正

「歯並びをきれいにしたいけれど、可能なら歯は抜きたくない」、という方も多いのではないでしょうか? 当院では、治療方針を考えるにあたり、まず歯を抜かずに歯並びを整えられるかどうかを検討し、可能と判断した場合には歯を抜かない矯正治療(非抜歯矯正)をご提供いたします。 非抜歯矯正は、専用の装置で歯列弓を側方と後方に拡げることでスペースを確保し、歯を抜かずに歯並びを整えます。 矯正治療において安易に歯を抜くことはいたしませんので、「できるだけ歯を抜きたくない」とお考えの方はぜひご相談ください。

矯正治療の流れ

STEP1. 初診相談

初診相談

患者さま口内を拝見させていただいたあと、歯並びのお悩みや矯正に関する疑問、ご要望などをお聞きし、それについて丁寧にお答えいたします。 また、治療方法と装置の種類や特徴、おおまかな治療期間や費用についてご納得いただけるまでご説明いたします。 些細なことでも結構ですので、不安や疑問に感じることがございましたら、遠慮なくご質問ください。

STEP2. 精密検査

精密検査

適切な治療計画を立てるために、口内および顔写真の撮影やレントゲン撮影、模型を作製するための歯型取りなどの精密検査を行ないます。

STEP3. 診断・治療計画の説明

診断・治療計画の説明

精密検査の結果をもとに診断を行ない、患者さまお一人おひとりに最適な治療計画を検討・立案します。 そして後日、その治療計画の内容と使用する矯正装置の特徴、治療期間、費用などについて患者さまにご説明します。丁寧にわかりやすくご説明することを心掛け、必ず患者さまに十分に納得いただいてから治療を開始します。

STEP4. 治療のための準備

治療のための準備

虫歯の治療や抜歯が必要な場合には、矯正装置を装着するまえに処置を行ないます。 また、矯正治療中に虫歯や歯周病にならないよう、適切な歯磨きの方法について指導させていただきます。さらにその後、歯をクリーニングします。

STEP5. 矯正治療

矯正治療

矯正装置を装着して、矯正治療をスタートします。 基本的に1~2ヶ月に1度のペースで通院していただき、ワイヤーの交換や調整をします。なお、患者さまの歯の移動状態によっては通院頻度が異なります。 治療期間についても患者さまによって異なるので、くわしくはご歯科医師にご質問ください。

STEP6. 保定期間

保定期間

移動した歯は、そのまま放置すると元の位置に戻ってしまうので、それを防ぐためにマウスピース型の保定装置を装着していただきます。これを保定期間といい、通常2~3年で終了します。

矯正装置の種類

ブラケット矯正

ブラケットとよばれる装置を歯の表面に接着させ、そのブラケットにワイヤーを通し、調節したりワイヤーを交換したりすることで歯を動かしていく矯正方法です。ブラケット矯正は幅広い症例に対応することができます。
ブラケットには、「メタルブラケット」と「審美ブラケット」があります。
メタルブラケット

メタルブラケット

金属製の薄くて丈夫なブラケットです。最近ではブラケットのサイズが小さくなって昔のメタルブラケットより、かなり目立たなくなりました。ワイヤーの滑りがよいため、歯を動かしやすいのが特長で、審美ブラケットよりも費用がリーズナブルです。

審美ブラケット

審美ブラケット

色が白や透明のブラケットで、装着していても目立ちにくい装置です。メタルブラケットよりも治療に時間がかかる傾向がありますが、金属のギラギラした感じがなく、治療中の見た目が気になる方におすすめです。


マウスピース矯正

マウスピース矯正

矯正装置・ワイヤーが目立ってしまうことに抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか。
そのような患者様にマウスピース型矯正をおすすめしています。
薄く透明なプラスチック製のマウスピースを、2週間程度ごとに交換していくことで歯を動かしていく治療方法です。
必ずしもすべての患者様に対応できる治療方法ではありませんが、装置の見た目が気になるという方は一度ご相談ください。

Copyright © 保土ヶ谷区の歯医者 保土ヶ谷駅ビル歯科 All Rights Reserved.